<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 友人(Pさん)宅へ | main | 帰省中の友人と >>

変わらないもの。

今日は8月15日で長崎では精霊流しが行われました。
とは言っても、私の実家がある地域では
そんなに大きな船が流される事もないので
時々爆竹の音が遠くから聞こえてくるだけですが。

この精霊流しは私が小学生の頃は
父の事務所があった大波止に連れて行ってもらって
その賑やかな雰囲気を味わうのが好きだったけれど(爆竹の音がすごい!)、
大人になった今ではテレビで精霊船の紹介を見て、
その故人が若い親であったり、子供だったりすると
なんとなく物悲しくなってしまいます。
(「さだまさしの精霊流し」の世界のイメージそのもの)

そんな15日の今日だけれども、私には全く関係がなかったので
とりあえずいつものように昼過ぎから実家に遊びに行ってきました。
その行く途中に郵便局に行こうと歩いていると、
狭い道で私達の行く手を遮るように止まった車が一台。
「じゃまだなぁ…」と思い、他の車に注意しながら進もうとすると
運転席から降りてきた人が「わ〜久しぶり〜〜」と。
んんっ??一瞬考えたけどすぐに判明!
昔、伊王島のテニススクールで一緒にレッスンを受けていたMさんでした。
スクールが無くなってしまってからは年賀状のやりとり程度で
会う機会も無くなってしまっていたので、
実際に会ったのは10年ぶりぐらい??
それくらい久しぶりに会ったのに…
それもその人は車の中から見て…って感じだったのに私だとわかるなんて…
いったい私はどれだけ変わってないんだ??(笑)

その人には息子さんが3人居て、
車の中からは「早く〜〜」なんて声も聞こえてきたので
あまり話は出来なかったけど、ホント懐かしかった〜〜〜楽しい

今回の帰省は本当に「懐かしさ」いっぱいの帰省だ〜ニコニコ
| 帰省中 | comments(2) | - |
この記事のURL | http://ryoachan.yu-tan.com/?eid=684167

この記事に対するコメント

帰省の楽しみって懐かしい人に会えるってのがあるよね、って生まれも育ちも愛知県の私が言うなって?(笑)

でもその逆はあるけどね。中学生以来会ってない同級生が久しぶりに地元に帰ってきてて、偶然ばったり。向こうが俺に気づいて「お〜!久しぶり〜!すぐ分かったよ。」だって・・・。

りょあさん以上に顔が変わらない私。この事実って、嬉しいのか悲しいのか、複雑だよね・・・。

何はともあれ懐かしい人と会えて良かったね。
食パン | 2007/08/17 5:22 PM
>食パン坊主さん
「帰省」は一種の旅行みたいなものだから結構ワクワク気分なのよねぇ〜
私の場合は学生時代から老けてたから、今の方が年相応に見えるのかも(笑)
りょあ | 2007/08/19 10:34 PM
コメントする









mini bbs
MUJI
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MYBLOGLIST
PROFILE
お気に入りショップ