<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

コミかる


最近、宅配でコミックがレンタルできる
コミかる】と言う所に登録して
その第1弾のコミックが今日届きました♪

この「コミかる」とはBOOK-OFFが運営する
宅配コミックレンタルで、
月額基本料とレンタル料を払えば
延滞料も送料もかからずに本が借りられます。


そして今回、私が借りたのは
「のだめカンタービレ」(1〜16巻)
月額基本料が980円で1冊126円の
合計2996円かかりました。
このコミックが定価390円なので
390×16冊=6240円。
なので買うよりも半額程度お得?
(本そのものは手元に残らないけど…)

ただ、この月額基本料は借りていない月も払わなくてはならないので
次から次にたくさん読みたいって言う人向けかな。
そして読みたい本を登録しても在庫状況に応じて…なので
すぐに届くとは限らないようだし。
私はあと「ハチミツとクローバー」「生徒諸君(教師編)」が読みたいので
来月いっぱいまでにして、しばらく休会という事になりそうです。
(休会期間は月会費はかかりません)

さて、あと1冊だけ読んで寝ようかな。
| BOOKS | comments(5) | - |
この記事のURL | http://ryoachan.yu-tan.com/?eid=647200

フルバ終わったぁ〜(゜Å) ホロリ

私が現在唯一買い続けていた漫画『フルーツバスケット』(通称フルバ)の
最終刊が発売されました。

読み終えて…
やっぱりハッピーエンドはいいわ〜〜〜ラブ
でも、もうこれで終わりなんだ…と思うとちょっと寂しい…ウルッ

あと他に読みたい漫画はいくつかあるんだけど
今はゲーム類にお金がかかっているのでなかなか買えずにいます(^^;
「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」「生徒諸君!教師編」…
さすがに巻数が多いと大人買いも無理デス。。汗

そういえば…春のドラマ「生徒諸君!教師編」があるとか…
これは期待していいのかな?
あと、あの名作の「地球へ」(竹宮恵子原作)がアニメ化されて
4月からテレビ放映が始まるらしい。
これも昔から好きな漫画(実家に漫画本有り←かなりボロボロ)なので
かな〜〜〜り楽しみ♪

 
| BOOKS | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事のURL | http://ryoachan.yu-tan.com/?eid=635327

かめっち登場!

アランジアロンゾのかわいいものをつくろう!シリーズの本を買ったので
早速作ってみました♪

何年かぶりにミシンを使ったけど…やっぱ使いづら〜い汗
今のミシンって指でスタートストップが多いようだけど、
足踏み式ミシンから知っている私には、やはり足で調節出来る方がいい。。
もっとよく考えてフットコントローラー付きのやつを買えばよかった…汗


そんな感じでちまちまと作り続けて3日。
(中断する事が無かったら1日あれば出来ると思うけど)
やっと出来上がりました♪
本に載ってた名前は「かめっち」
カワイイのでこの名前で呼んでます♪

まだまだ綺麗な「かめっち」だけど
ユウタにボロボロにされるんだろうな…(-。-)

まあユウタ用に…と思って作ったからいいんだけど(笑)

この「かめっち」は【いろいろぬいぐるみ】と言うのに載ってます。
どれもこれも可愛くて全部作りたくなっちゃいますよ〜〜

  


| BOOKS | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事のURL | http://ryoachan.yu-tan.com/?eid=432635

『家族なのに』



あるブログでこの絵本が紹介されていて
早速その作者(なまこ)さんのブログ
読ませてもらいました。

淡々と描かれているのがまた切なくて悲しくて…ポロリ


実際に絵本になって発売されるというので予約注文。
その絵本が出来上がり届きました。
本の中にはなまこさんの直筆のメッセージカードがそえてありました。
 たったひとつの大切な命… namako

本当に捨て犬がすこしでも減ることを祈るだけです。
| BOOKS | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事のURL | http://ryoachan.yu-tan.com/?eid=394176

Comic Baton(コミックバトン)

はなみつきさんよりあずかったコミックバトン。
やっと「受け取りましたよー」と胸を張って言えそうです(笑)
では、早速…

1.Total volume of comic on my Bookshelf
(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)

独身時代に購入したのは全部実家にあるので(処分したものもありますが)
手元にあるのは20冊程度。

2.Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
フルーツバスケット〜(1/28の記事参照)

3.The last comic I bought(最後に買った漫画)
これもフルーツバスケット〜
今度9/16に新刊が出るそうです。

4.Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画

ミュージカルバトンに続き、またまた悩ませて貰いました(笑)
「キャンディキャンディ」(いがらしゆみこ)
毎月ドキドキしながら読んでました。

「生徒諸君」(庄司陽子)
内気だった私はナッキーに憧れたものです。

「春る・る・る」の中の一話(よしまさこ)
押入の中に異空間がある物語で私もそんな風な夢を良く見ていたので
「わ〜同じ事考えてる人が居るんだ〜」とちょっと感激しました

「みかん絵日記」(我孫子三和)
ウチの猫達もおしゃべりしないかなぁ〜といつも思ってました(笑)
(猫のみかんは人間の言葉を話せるのです)

最後はちょっと変わったところで…「ドクターGの島」(高階良子)
話の途中で窓の上端から顔を覗かせる小人?の絵がめちゃめちゃ恐かった…
(今でも窓の外から顔だけ出されるとかなりビビリます)

でも私が今までで一番恐かったのは「毒ぐも十字架」(宮本ひかる)
あまりにも恐ろしくて一度読んだだけで二度と開かれる事は無く、
捨てちゃいました汗
(私の妹はそれ以降、本の表紙を見せるだけで泣き叫ぶしまつ)
話の内容はすでに覚えていないけど、
川面に写った人の顔が強烈だったような?
今、読んだら、平気かもしれないけど当時は小学生だったしね…。
(タイトルだけ覚えていたのでこれを書くために検索して作者はわかったけど)

5.Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5名)

私からは指名無しなので
書きたいっ人が居たら是非どうぞ〜

…とまあ、コミックバトンとしてははここまで。

でも昔はほんとよく漫画読んでたなぁ〜
小学3、4年生の頃かな?初めて漫画雑誌を買ってもらったのは。
その初めて読んだ雑誌が『なかよし』
それ以降、買い始めたんだけど毎月発売日が待ち遠しかったっけ。
(当時連載されていたのが「キャンディキャンディ」)

当時は伯母夫婦が書店を経営していて、
その一画を借りて運送屋を営んでいた父に買ってきてもらってました。
(ウチはお小遣い制では無かったので…)
私が『なかよし』と『小学○年生(何故か一学年上を買っていた)』
妹が『りぼん』と『小学○年生』
一番下の妹が幼稚園になる頃には『たのしい幼稚園』とかそういった雑誌。

中学生頃までかな?こんな風に買ってきてもらっていたのは。
でもそろそろ『なかよし』って年でも無くなっていたし(笑)
(現在よりは『なかよし』の年齢層は上だったかな)
漫画も卒業しないと…って感じで
『なかよし』はきっぱりやめちゃいました。

しかし、それ以降も時々読んでいた漫画も多く、
『別マ』『週マ』『別フレ』『花とゆめ』『LaLa』…
漫画の話は終わりがないようです(笑)

| BOOKS | comments(8) | trackbacks(0) |
この記事のURL | http://ryoachan.yu-tan.com/?eid=287959

フルーツバスケット


うーん…美味しそうな果物の詰め合わせ〜


…では無く、私が書きたいのはこれdown


久しぶりにはまってしまいましたよ。。少女マンガに

つい先日まで「キッズステーション」と言うCS放送テレビ
アニメ化されたものが放映されていたが
実はこれを見るまで、この漫画は全く知らなかった。
まあ漫画自体見ることがめっきり減っていたせいもあるが。
(アニメは結構見てるけどね(^^;))
アニメを見て、その原作である漫画を読んでみたくなったのも久しぶり。

昨年末に調べてみると15巻まで出ているようす。
そこでヤフオクでチェッ〜ク。
「ふん ふん これくらいか〜」と大体の相場を確認。
そして正月の2日に近場にある2軒の古本屋さんまで行き、
探してみるが、どちらにも10巻以降がない…。
古本屋は1冊250円程度と安いが、
10巻以降を定価で買うと却って高くなりそうだし…汗
などと色々考えたあげく、結局ヤフオクで購入した。
(一応これも「大人買いお金」ですか?(笑))

15巻あっても読み始めると早いもので
あっという間に読み終わってしまった。
この【フルーツバスケット】は「十二支コメディ」らしいが
いやはやどうして、感動する所も多々あり。
うるうるモノである。
まだまだ謎の部分も多いので、これからも続きが楽しみ。
(ちなみに登場人物の中では夾クンが好きかも〜)
| BOOKS | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事のURL | http://ryoachan.yu-tan.com/?eid=316907
1 / 1 古い記事へ
mini bbs
MUJI
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MYBLOGLIST
PROFILE
お気に入りショップ